top of page
  • meher 株式会社

SWOT分析とは

更新日:6月28日

SWOT分析は、組織やプロジェクトの戦略的な状況を理解し、戦略の立案や意思決定に役立てるためのツールです。SWOTとは、Strengths(強み)、Weaknesses(弱み)、Opportunities(機会)、Threats(脅威)の頭文字をとったものです。


  • 強み(Strengths):組織やプロジェクトが持つ内部的な利点や優位性を指します。例えば、優れた製品・サービス、優秀な従業員、強固なブランドイメージなどが挙げられます。


  • 弱み(Weaknesses):組織やプロジェクトが持つ内部的な不利な要素や弱点を指します。例えば、過去の失敗、限られた資金、効率の低さなどが挙げられます。


  • 機会(Opportunities):組織やプロジェクトが外部環境で利用できる有利な要素や成長の機会を指します。例えば、新しい市場への進出、技術革新、競合他社の弱体化などが挙げられます。


  • 脅威(Threats):組織やプロジェクトが外部環境で直面する可能性のある損失や危険を指します。例えば、新たな競合他社の参入、法規制の変更、経済の不安定化などが挙げられます。


SWOT分析は、これらの要素を組織やプロジェクトの現状に当てはめて分析し、戦略的な計画や意思決定を行う際に役立ちます。また、SWOT分析を通じて、組織やプロジェクトの強みを活かし、弱みを克服し、機会を最大限に活用し、脅威に対処するための戦略を策定することができます。

0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page